ジョイフル本田つくばFCのJFL昇格について

2013年11月01日

つくばFCを支援していただいている皆さまへ

いつもつくばFCの理念にご賛同いただき、また、クラブの活動にご参加、ご支援いただきまして誠にありがとうございます。
多岐に渡る活動を展開させていただいておりますのも、皆さまの暖かいご支援があってのものと心より感謝しております。

さて、本クラブの男子トップチームとして位置付けられております「ジョイフル本田つくばFC」は、第49回全国社会人サッカー選手権大会において第4位という成績を残す事ができ、この結果、第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会への参加権を得ることができました。この大会にて上位の成績を残しますと、一足飛びにアマチュア最高峰のリーグであるJFL(日本フットボールリーグ)への参加権を得る事ができます。

しかし、本クラブでは諸般の事情を考慮し、上位の成績を残した場合であってもJFLへ昇格しないという決断をいたしました。

JFL昇格に当たっては、5,000人規模のスタンドを持つ天然芝グラウンドが必要です。茨城県内を見渡せば対応可能なスタジアムが存在いたしますが、残念ながらつくば市には現在こうしたスタジアムはありません。
私たちはつくば市をホームタウンとし、地域に根差した活動を展開させていただいておりますので、できる限りつくば市での開催を望んでおります。つくば市のサッカー環境整備と歩を同じくしていく事こそ、地域に根差したクラブのあるべき姿であると考えています。これを機に、つくば市内においてサッカー環境整備に関する議論が進む事を心よりお願いいたします。

本クラブは女子サッカークラブからスタートしております。
女子サッカーの普及・育成・発展を目指す中で、関彰商事株式会社のご協力を得て「なでしこ挑戦宣言」を行い、つくば市、いちはらメディカルグループ、株式会社坂東太郎、株式会社シンプルウェイを始め、多くの方々にクラブへの支援をいただいております。

男子サッカーが活躍する事はもちろん喜ばしい事です。しかし、クラブとしましては男子サッカーに偏重せず、今まで以上になでしこへの挑戦も進めていきたいと考えております。

最も理想的な形は男女共に上位リーグ昇格を果たし、男女共につくば市でホームゲームを開催させていただく事だと考えています。

本クラブでは、「世界一幸せなクラブを作る」ため、サッカーのみならず地域に根差した活動を展開させていただいております。
引き続き、皆さま方からのご支援を賜りたく心よりお願いいたします。

平成25年11月1日
つくばフットボールクラブ 代表 石川慎之助

トラックバックURL

コメントフォーム

※この記事では管理者の設定により、承認されるまでコメントは反映されません。


カテゴリー

最近の記事

過去の記事



このページの先頭へ