(仮称)筑波学院大学サッカーフィールド 今春オープン予定!

2015年11月14日

2015015.jpg

特定非営利活動法人つくばフットボールクラブ、および学校法人東京家政学院、つくば市は、「スポーツのまちつくば」に関する協定書を平成27年6月5日に締結いたしました。

これは、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催にむけて市民の機運を高め、国際的な学園都市として日常的にスポーツを楽しめる環境を創出し、健康で活力のある人々があふれる街づくりと地域交流・国際交流を目指して、公私・産学官の連携により「スポーツのまちつくば」の実現を宣言するものです。

これにより、筑波学院大学の既存の多目的広場を、新たに人工芝のグラウンドとして整備し、なでしこリーグやJリーグ参入を目指す、つくばFC男女トップチームを中心に、青少年の常設練習場として、さらに、中高齢者・障がい者を含む市民の生涯スポーツの場として活用していきます。また、この活動を実習の場として位置付け、大学在校生のスポーツビジネス教育を促進していきます。

この事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター「スポーツ振興くじ助成」の地域スポーツ施設整備助成を受けて実施いたします。
また、筑波学院大学は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会大学連携協定の締結校となっており、開学25周年記念事業の一環として取り組みます。


tguicon1.gif

□ さまざまなスポーツイベントを企画・実施し、市民に開かれた、安全で快適なスポーツ環境づくりに努め、特に、高齢者および障害者の利用促進に配慮する。

□ 相互に連携・協力して、健康増進に関する共同研究および講習会等を企画・実施する。

□ スポーツ振興のため、それぞれが持つネットワークを活かし、スポーツに関する情報を共有し、発信する。

□ スポーツ活動によって構築された人的ネットワークを活用し、地域教育力の向上を図り、有為な人材の育成を目指す。さらに、コミュニケーションの場を創出し、地域の絆を深める。

□ 東京オリンピックやさまざまなイベントの成果を有効活用し、次代に継承できるよう、相互の連携事業を実施する。


tguicon2.gif

所在地:つくば市吾妻3-1 筑波学院大学敷地の一部
面積:10,800㎡
運用開始:平成28年1月頃(予定)
運営:特定非営利活動法人つくばフットボールクラブ、筑波学院大学
筑波学院大学 WEBサイト:http://www.tsukuba-g.ac.jp/

トラックバックURL

コメントフォーム

※この記事では管理者の設定により、承認されるまでコメントは反映されません。


カテゴリー

最近の記事

過去の記事



このページの先頭へ