[クラブ] 新年ご挨拶

2018年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

1993年に発足した本クラブは、本年を迎え、
無事に四半世紀の歴史を刻むことができました。
お力添えをいただいた皆さまに、改めて心より御礼申し上げます。
サッカーの母国イングランドには100年続くクラブが数多く存在し、
クラブの歴史そのものに価値があると言われています。
私たちもクラブの存在が評価されるよう、
これから先も1年1年をしっかり積み重ねてまいりたいと思います。

昨年、男子トップチームは関東サッカーリーグ1部で2位という結果に終わり、
残念ながらJFL昇格へのチャンスを掴むことができませんでした。
女子トップチームはチャレンジリーグの最下位となりましたが、
辛くも残留することができました。
しかし、皇后杯ではクラブ史上初の全国大会出場を成し遂げました。
結果はそれぞれですが、多くの皆さまからのご声援に支えていただき、
無事にシーズンを終えられたことに感謝いたします。
本当にありがとうございました。

勝負の世界におりますので、勝敗・順位はもちろん重要なのですが、
多くの方に応援していただくことも大切です。
男子が関東リーグ、女子がチャレンジリーグに初めて臨んだ2015年には、
平均観客数が226人でした。
2016年は281人、今年は339人となり、毎年約20%の増加となっています。
今までの経験を生かし、今年はさらに多くの方に見ていただけるよう工夫し、
少し大きなステップアップですが平均600人を目標に掲げることにいたします。

一方、私たちの原点である多世代、多種目によるスポーツ活動は、
Tフィールドやスポーツシューレつくば、つくばFC万博グラウンドといった
スポーツ環境の整備により、充実してきました。
こちらは、質の向上を目標に活動を充実していきたいと考えています。

今年、私たちは「変化」したいと考えています。
髪の毛を切った時のように、すぐに気づいていただける変化もありますが、
毎日15分英会話を聞き続けることによる語学力の向上のように、
自分自身でさえなかなか気づかない変化もあると思います。
もちろん、良い変化もあれば、悪い変化もあるでしょう。

しかし、変化なくして向上はないという前提に立ち、
思い切って変化を推し進めていきます。
変化することによって、様々なご意見も出てくるかと思いますが、
そうしたご意見を真摯な気持ちで受け止めつつ、
スタッフ一丸となって変化することに挑戦していきます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2018年元旦

つくばフットボールクラブ 代表 石川慎之助

トラックバックURL

コメントフォーム

※この記事では管理者の設定により、承認されるまでコメントは反映されません。


カテゴリー

最近の記事

過去の記事



このページの先頭へ